太陽と地球

太陽からの恩恵と被害

太陽光は地球の生物にとって、エネルギーの源です。しかし、太陽から飛来するのは光だけではありません。太陽は常に陽子や電子などの物質を宇宙空間に放出しています。太陽風と呼ばれる現象です。幸いにも地磁気と地球大気が壁となることで、太陽風は地上の我々の元には届きません。しかし、大気上層や地球周辺の宇宙空間の状態は、太陽風の影響を受けて常に変化しています。それが目に見える形で現れる例がオーロラです。

太陽でフレアや CME が起きると地磁気や高層大気を狂わせ、飛行機などの通信や測位システム、電力インフラに悪影響を及ぼす場合があります。あるいは、人工衛星のシステムに障害が発生することもあります。これらは今や、人間社会に不可欠の存在です。また、宇宙飛行士や航空機乗員の被ばくの可能性も議論されています。

このように、太陽は社会インフラに被害を及ぼす場合があります。地球の高層大気や周辺の宇宙環境の状態を「宇宙天気」と言います。宇宙的な基盤への依存が進むにつれて、太陽の状態や宇宙天気を正しく把握し、その変化に対応することが必要な時代になりました。

このカテゴリでは、太陽が地球に及ぼす影響に焦点を当てます。

記事一覧

このカテゴリに含まれる記事のタイトルと要約の一覧です。

地磁気:太陽風から地球を守る壁

執筆中です。公開までお待ちください。

電離圏:宇宙への入り口

執筆中です。公開までお待ちください。

CME:噴出するプラズマの雲

執筆中です。公開までお待ちください。

SEP:飛来する高エネルギー粒子

執筆中です。公開までお待ちください。

地磁気擾乱:変化する磁気圏

執筆中です。公開までお待ちください。

オーロラ:太陽と地球のせめぎ合い

執筆中です。公開までお待ちください。

宇宙天気:太陽による災害

執筆中です。公開までお待ちください。

このページをシェアする

ご支援をお願いします。