太陽を考える道具

太陽はプラズマの実験室

太陽は電気を通す気体で、プラズマと呼ばれるものの一種です。プラズマは宇宙の基本的な構成要素のひとつであり、太陽だけでなく、夜空の様々な天体を考える際にもプラズマを記述する理論が必要になります。

太陽は我々が唯一詳細に観測することのできる恒星です。そして、その大気で起こる様々な現象は、我々が実際に観測して理論と照らし合わせることのできる、貴重なプラズマ現象です。この意味で、太陽はプラズマ現象の実験室でもあるわけです。太陽研究はプラズマ物理学の発展に大きく貢献してきました。

このカテゴリでは、太陽を考える際に不可欠であり、また太陽研究と共に発展してきた物理学を説明します。気体 (物質) と磁場が織りなすダイナミクスです。

記事一覧

このカテゴリに含まれる記事のタイトルと要約の一覧です。

プラズマとは何か?:宇宙の基本要素

電荷を持った粒子から成る気体をプラズマと言います。太陽はプラズマの塊です。更に、宇宙に存在する解明された物質のほとんどはプラズマの状態にあると言われています。本記事では、宇宙にある様々なプラズマ系を紹介した後、プラズマの定義や種類について説明します。

温度とは何か?:流体力学の前提

執筆中です。公開までお待ちください。

磁場とは何か?

執筆中です。公開までお待ちください。

プラズマと磁場:磁力線が「実体」を帯びる

執筆中です。公開までお待ちください。

様々な現象を引き起こす磁気リコネクション

執筆中です。公開までお待ちください。

MHDシミュレーション

執筆中です。公開までお待ちください。

このページをシェアする

ご支援をお願いします。